SMAP解散とハサミ選び(香取くん)

 

オオタひとくちメモ

とろろをたくさん入れ過ぎると、固まらないよ!マヨネーズ香取慎吾

こんにちは

オオタです。

家にたくさんとろろ芋があったので、

お好み焼をつくるとき、たくさんいれました。

普段はほとんどいれないのに、

出血大サービス!!!!!!!くらいに。

いくら焼いても、

全然固まりません・・・

もんじゃ焼きです!

ってことで、

慎吾ちゃんといえば、マヨネーズ!

ということで、お好み焼きマヨネーズの写真をセレクトしました!

さ、

て、

彼の場合は、末っ子キャラですね。

自由奔放に、

考えて行動するというよりは、大胆に直感でビシバシ・・・

その反面、意外と末っ子キャラを計算して演じているという面もありそうです。

1-001

6.5インチのカット率50%のセニングです。

写真にでているOLさんは、「コップのプチ子さん」です。

クシ刃のアップはこちらです。

4スキって言うタイプで、たくさん毛がとれます。

1-002

 

毛量が多い人なんかは、積極大胆に行きたいところです。

こういうセニングの場合、

あまり考えず・・・・というと大きな穴が空いてしまいます。

なので、

少しづつ、セニングの個性を掴みながら使うようにするといいですね。

そうすると、

カット率の感覚がわかってくるので、大して気にならなくなるようです。

よく

「こんなにたくさん取れるセニングなんて、穴が開きそうで使えない・・・」という

声を聞くことがあります。

しかし、

はじめはそうでも、実際に使いはじめると、このくらい取れると仕事が早くなっていい・・・そうです。

で、

このくらいカット率が高いセニングがないと、、、仕事にならない、、、

そんな話をよく聞きます。

こういうので、子供の刈り上げをすると、早いし、簡単だし、、、便利です。

我が家でも使っています(^^)

じゃ。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:27 / セニングSMAP解散とハサミ選び(香取くん) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら