カット率~くし刃の数で決まります。

前回、セニングにはカット率というものがあり、カット率は櫛刃の数で決まると説明しました。

見ていない方は、こちらのカット率とはを参照ください。

【くし刃の数】

櫛刃の数は、「○○目」と表します。

例えば、30目とか・・・です。

これは、櫛刃に溝が30ありますよ!ってことです。

一般的に30目より、40目の方がカット率が高いものです。

(例外も多々あります)

ちなみに、

間違いやすいのは、

くしが30目だからと言って、カット率30%ではありません。

ご注意を!

40目だから、40%ということもありません。

勘違いしている人が、

10人に一人くらいいるので、

後輩くんたちに教えてあげてください。

(先輩に教えると、角がたつので、ひかえましょう(笑))

(会話例)

「おまえ、30目のセニング、カット率30%だと思っていないか?

30目っていうのは、単に溝が30ありますよっていうことだぞ!」

って具合です。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:33 / セニング,ハサミの豆知識コメント&トラックバック(0)

お問い合わせ・ご相談はこちら