鎌刃(カマバ)のハサミについて

かまばのカマって、

草刈りに使うカマなんです。

三日月になっている刃のカタチを言います。

1

真ん中に凹みがあるのが特徴ですね。

理美容のハサミには、ほとんど使われません。

切れ味がスゴく固いからだと思います。

ごくたまに、

動刃も静刃も鎌刃になってしまったハサミを見ますが、

これは、

鎌刃にされたしまった・・・ハサミです。

つまり、

不十分な研ぎの犠牲です。

鎌刃のはさみでも、

鎌×笹の組み合わせのハサミもありますね。

こちら。
鎌刃

このハサミは、されてしまった・・・という

不十分な研ぎの犠牲ハサミではないですね。

とはいえ、

精度がアバウトなところがあるので、

人気はないようです。

植木用のハサミで見ることが多いです。

固い枝木を切るには、いいんですかね。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:48 / セニング,ハサミの豆知識鎌刃(カマバ)のハサミについて はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら