逆刃(ギャクバ・サカバ)のセニングのいいところ

ギャグバのセニングのいいところ。

ギャグが冴える・・・・・・・・・・・・・・ときもある(笑)

こんにちは

オオタです。

人生には、暑い時も、極寒の時もあります(笑)

さて

セニングには、

正刃(せいば)と逆刃(ギャクバ・サガバ)があるのをご存知でしょうか。

逆刃は、閉じたときに棒刃が上にくるセニングです。

写真はこちら。

逆刃

逆刃の反対は正刃のセニングです。

逆刃と書いて、ギャクバと呼ぶことが多いです。

まれにサカバと呼ぶこともあります。

「逆刃って、どうやってつかうのですか?」

これの答えは、普通に使います。です。

正刃のセニングと同じように、普通に使います。

棒刃が下にくるので、刈り上げのぼかしなどにつかいやすいようです。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:57 / セニング,ハサミの豆知識逆刃(ギャクバ・サカバ)のセニングのいいところ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら