ハサミのネジの良し悪しとは、

ハサミのネジの良し悪しですが、いろいろあります。

まず、

ネジである以上、

1.きちんと締まること!

当たり前ですね。

長く使っていると、緩みやすくなります。

悪いネジの場合、きちんと絞まらないということはほとんどありません。

が、早く緩みやすくなるものはあります。

次は、

2.アソビが少ない。

このアソビというのは、

自動車のアソビと同じ意味です。

ハンドルの場合なら、

ほんの少しハンドルをまわしても、曲がりません。

ブレーキだって、

少しだけ踏んでも、ブレーキを掛けられませんね。

この”少し”がアソビです。

車の場合はアソビがあるといいですが、

ハサミのネジの場合は、

アソビがあると、思うように動いてくれないので、

疲れます。

このハサミは、アソビが少なくて、いいです。

アソビが少ない

これはどうでしょうか?

すき間が広いですね。

アソビが大きい

PS.ピンク矢印は、蚊です。(^^)v


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 08:51 / ネジ・部品,ハサミの豆知識ハサミのネジの良し悪しとは、 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら