小指掛け(しょうしかけ)とは

小指掛け(しょうしかけ)

指掛けのことです。

小指をかけるところです。

赤ちゃん指をのせるところです。

ここに指をのせて、軽く力を入れると安定して鋏を持つことができます。

安定させてもつことができると、

狙ったところの毛を狙った通りに切ることが出来ます。

つまり思い通りに切れるようになります。

(当たり前ですが、、、)

意外と知られていないことですが

指掛けは無くてもいいです。

ない方が使いやすいという方もいます。

そういったケースは、指掛けをとりましょう。

上の写真の指掛けはネジタイプです。

指で掴んでねじってとります。

写真の下の方は、削ってとります。

これはハサミ屋さんに改造してもらいます。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 07:36 / ハサミの豆知識,ハンドル(柄)小指掛け(しょうしかけ)とは はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら