鋏の産地の話(日本編①)

日本地図

初めてお会いする方で、、

「オオタと申します。

 はさみ職人をしております」

というと、すごい喰い付いて来る方がいらっしゃいます。

刃物が好きな方です。

すると、

「ああ、関西では『大阪の堺』が有名ですよね。

 ハサミも有名なんですかね。」

なんて言われます。

刃物好きには、常識らしいのですが、日本には刃物が有名な地域があります。

そのひとつが、「大阪の堺」

ほかに、「岐阜の関」「新潟の燕三条」です。

で、

ハサミは?

理美容のハサミは?

ってことになると、

バラバラです。

昔は、

刃物を作ろうとすると、

近くに鉄が取れる鉱山が必要でした。

その鉄を溶かすための火が必要です。

炎

火を燃やし続けるために、木材とか石炭などの燃料が豊富でなくてはなりません。

さらに

刃物を締めるための、きれいな水があって、

砥石があって、、、

みたいな必要な要素が必要になります。

今の日本なら、ネットで注文するれば、トラックで届けてくれます。

が、当時はトラックもなく、、、近くにないと成り立たない産業でした。

いまは、

日本国内なら、特に問題なく揃えることができるからでしょうか。

全国にハサミメーカーはあります。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 14:09 / ハサミの豆知識,ハサミ業界鋏の産地の話(日本編①) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら