梳きばさみ(スキバサミ)vs 削ぎばさみ(ソギバサミ)

正刃のセニング

すきばさみも、

そぎばさみも、

セニングのことです。

髪量や毛流などの調整するときに使用します。

毛の量を減らすときにつかい毛を間引くときに使用します。

スキバサミには、正刃(せいば)と逆刃(ぎゃくば)があります。

上の写真が、正刃です。

手にとった時、クシ刃が上になっていると正刃です。

その逆が、逆場です。

逆刃は下の写真です。

逆刃のセニング

櫛刃の形状により、カット率が大きく変わります。

カット率は%で表します。

カット率30%なら、100本の毛に梳きばさみ(スキバサミ)で切ると30本切れるという意味です。

詳しくはカット率の欄をご覧ください。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:25 / セニング,ハサミの豆知識梳きばさみ(スキバサミ)vs 削ぎばさみ(ソギバサミ) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら