鋼材の話(モリブデン鋼)

モリブデン鋼というのは、

理美容ハサミの歴史を語る上で、

決して欠かすことの出来ないヒカリというメーカーが使っているという鋼です。

ちょっと、大袈裟ですかね。

素晴らしいハサミをつくっているところです。

あまり、ほかでこのモリブデン鋼という言葉を聞きません。

某メーカーとしても良かったのですが、

それだと、「いさぎよさ」が無かったもので、メーカー名を出してみました。

いろいろ特徴があるとは思いますが、

私から見ると、

とても素直な鋼です。

言うことを聞いてくれるというので、加工という面からすれば、素晴らしい鋼材です。

いい子、いい子と頭をなでてあげたいです。

数十年前の、発売当時を推測すると、

他の鋼と比べると、硬めの鋼で、力強く切れました。

今のはやりの鋼と比べると、粘りが足りなく、あっさりとしている印象をうけます。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 12:05 / ハサミの豆知識,鋼材鋼材の話(モリブデン鋼) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら