鋼材の話(超合金)

超合金

超合金といえば、

子供用のおもちゃのロボットです。

ちなみに、

マジンガーZは、

主人公の少年が小型飛行機に乗り込み、

マジンガーZ本体の頭に「ファイルだ~オン」で合体して動きます。

女子のみなさん、

ガンダムみたいなものです。

男子は合体が好きなんです。

さて、

ハサミの裏に「超合金」と彫ってあるものがあります。

昔のハサミに多い気がしています。

超合金の意味は、

いろいろな元素が、超~、入って合わさった金属という意味です。

ちなみに、

低合金というものもあります。

いくつかの元素がほどほど混ざった金属でしょう、、、!

今のハサミの材料はみな、この超合金ですね。

コバルトやら、モリブデンやら、パナジウムとか、、、いろいろ混ざって作られていますね。

その昔は、、、、

鉄+炭素でした。

不純物が混ざることを嫌い、

鉄を真っ赤になるまで熱くして、

鍛冶屋さんがハンマーでバンバン叩いていました。

叩くことで、不純物がなくなると聞いたことが有りますが、、、、

本当のところはさておき、

不純物はないが、いいことでした。

それと比べると、超合金なんて、邪道ですね。

とはいえ、

プロのハサミは、使用環境が厳しいです。

一日何回も動刃と静刃が擦れ合います。

何人もの髪の毛が切られます。

その髪の毛は、硬いです。

それが何日も続きます

逆に日本刀なんて、

動刃と静刃なんてないです。

人間を切る武器ですが、

実際に切ることは無かったでしょう。

一生に一度使う機会があったかどうか、、、

試し切りとか言って、藁人形とかきっていたんですかね。

話がそれました。

さて、

超合金と書かれているハサミの鋼の特徴ですが、

昔のハサミが多いです。

鋼としては硬いものが多いです。

それなりにいいものも多いとは思いますが、作りにバラつきを感じます。

さてさて、、、

要するに、

今のハサミは、みんな超合金です(^^)


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 12:31 / ハサミの豆知識,鋼材鋼材の話(超合金) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら