鋼材の話(着鋼)

積層される

恋の話、、、

ではなく、、

夜の営み、、、

ではなく、

ハサミの話です。(笑)

鋼材の話です。

昔、着鋼という鋼材がありました。

チャッコウって言います。

愛し合う男子と女子は、

自分にないものを求めて、

重なり合います。

↑↑↑↑↑少し哲学風。

愛し合う鋼材も、

自分にないものを求めて、

重なり合うんです!!!

さてさて、愛の話はおいておいて(笑)

まじめに行きます。

着鋼は、

柔らかい鉄と硬い鉄をくっつけています。

なぜ、

そうするかというと、

そのほうがいいことが多かったからです。

硬い鋼は、切るのに適しています。

柔らかい鉄は、加工しやすいです。

また、竹のようなしなりがあるので、良い点です。

単に硬いだけだと、折れやすいというデメリットを補ってくれます。

この硬い鋼と柔らかい鉄をくっつけた鋼がありました。

(最近は、ほとんど見ないです)

これを使ったハサミを着鋼のハサミと言います。

このくっつけるというのは、

日本刀の技術、、、

(もしかしたら、日本の包丁の技術、といったほうが正確かもれません。)

です。

昔のハサミです。

江戸時代から、明治時代になって、

ちょんまげを切ったのも着鋼のハサミだったと思います。

さて、着鋼のハサミの特徴は、

□錆びやすい。

かなり錆びやすかったようで、

油のつけものみたいにして保管していた人もいたようです。

□よくきれる。

研ぎたてなどは、スゴくよく切れれたという話を聞きます。

(私の印象としては、当時のハサミは8インチとか9インチとの大きいハサミで、その重みの勢いでよく切れると感じたんだと思っています。)

□すぐ切れなくなる。

営業終了後は、毎日、明日のためにハサミ研ぎです。

理容の新入社員は、日中は床掃除で、営業終了後はハサミ研ぎだったようです。

今、自分で研ぐ理美容師さんはほとんどいませんが、

昔の理容師さんは、すぐ切れなくなるので、ハサミも研いでいました。

ちなみに、当時、美容師さんは、ハサミは使わず、カミソリを使っていました。

ってことで、愛し合う男女の話でした(笑)


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:43 / ハサミの豆知識,鋼材鋼材の話(着鋼) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら