段刃(ダンバ)とは

段刃(ダンバ)

段刃(ダンバ)の段は、二段の段です。

刃全体が2段になっているような形の刃です。

別名二段刃とも、呼びます。

三段でも、三段刃とはいいません。

一般的に三段腹は、メタボです(笑)

金太郎飴を切るように、

ハサミの刃を切った断面図が、上の写真です。

ハマグリ刃がふっくらしているのに対して、段刃は平らです。

平らなの刃ということで、平刃(ひらば)と呼ぶこともあります。

刈り上げをするときに、動刃が櫛と平らに当たるので、ブレないというメリットがあります。

薄刃タイプのものが多いですね。

この図、清水さんに作っていただきました。とてもわかりやすいですね!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:15 / ハサミの豆知識,刃の種類(はま系)段刃(ダンバ)とは はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら