鋼材の話(コバルト)

コバルトブルー

コバルトというと、

「コバルトブルー」とイメージする人も多いと思います。

それがハサミに入っている?

どういうことだ?

実は、コバルトブルーは、「アルミン酸コバルト」のことらしいです。

これを発明したのがヨーローッパの科学者です。

あまりに鮮やかな青が特徴で、絵の具とか、陶磁器とかに使われています。

さて、

ハサミの方ですが、

ハサミのコバルトが青か?

普通に銀色ですね。

もともとのコバルトの色は、銀色だそうです。

さてさて、

コバルトは、大きく2つの意味があります。

A.鉄にコバルトが入っている合金

B.コバルトにクロムが入っている合金

Aは、刃物としての合金です。

いわゆる最近の鋼の大半は、コバルトが入っています。

Bは、ステライトと言われています。ステライトと商標です。

錆びなくて、すり減りにくいのが特徴です。

刃物用のものは、タロナイトという商品名だそうです。

あるメーカーが純コバルトと表記していました。

Aと間違いやすいので、わかりやすいようにそう名付けのかもしれませんね。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:29 / ハサミの豆知識,鋼材鋼材の話(コバルト) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら