ドライカット用のハサミの注意点

ドライカット

ドライカットは、乾いた毛のカットのことではありません!!

重要なので、くりかえします。

ハサミ選びで、ドライカットは乾いた毛をきることではありません。

ハサミ選びでは、ドライカット=ストロークカットとスライドカットです。

ハサミの世界で言うと、

ストローク・スライドなどハサミを動かす使い方と、

ブラントなどでハサミを動かさない使い方と、

刃付けを替えます。

(もしかしたら、替えないところもあるかもしれませんが、

 引っかかりが少なく、変えた方が使いやすいです)

では、乾いた毛をブラントで切るときは、なにかっと何だ?

ハサミ選びの正解で言えば、ブラントです。

このときハサミに求められるのは、

 ・毛が逃げない。

です。それで優しく切れて、永切れしてくれるとよりいいです。

では、濡れた毛をスライドさせて切るカットは?

ハサミの世界であれば、スライドカットです。

このとき、ハサミに求められるのは、

 ・ひっかからない。食いつきが少ない。

です。どちらかというと、ブラントの反対です。

ちょっと複雑だと感じるかもしれませんが、

優秀なハサミ屋さんを見つけて、使い方など相談に乗ってもらうといいですね。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:08 / ハサミの豆知識,使用上の注意ドライカット用のハサミの注意点 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら