なぜ刃先が切れなくなるか?

刃先

まずは、刃先の説明から。

と言っても、

「常識っしょ!」

という声が聞こえてきそうです。

刃の先端。

先っちょです。

または、ハサミの刃のネジから遠いところです。

刃先の特徴として、

1.刃元に比べて、繊細に切れる。
2.刃元に比べて、よく切れない
3.刃先に行くほど、毛が切るときすべりにくい。

ということがあります。

なぜ、刃元に比べて、刃先が切れなくなるのが早いのでしょう?

「刃先を良く使うので、刃先が良く切れなくなる。」

と言う話があります。

やはり使う立場の方からすれば、

「良く使う=消耗が激しい」ということになるかと思います。

確かにそういった一面もあります。

例えば、

刃先がよく切れないというハサミでは、

刃先に小さな刃こぼれがあることが多いです。

何かの拍子で、

刃こぼれをさせてしまったのだと思います。

例えば、

・コームをかんだ!

・シザーケースで隣のハサミにぶつけた!

・開いたまま台に置いた!

・硬いホコリやゴミのついた毛を切った

などです。

逆に、

とてもキレイにつかったとします。

ハサミの構造を考えたとき、

同じようにダメージを受ければ、

刃元や刃中より、

刃先が切れないのです。

刃先のほうが力が伝わりにくいからです。

「てこの原理」です。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:13 / ハサミの豆知識,使用上の注意なぜ刃先が切れなくなるか? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら