鋼材の話(ステライト)

ステライト

ステライトとは、コバルトがたくさん入った金属です。

調べて見ると、鉄砲にも使われているそうです。

ってことで、水鉄砲の写真です(笑)

もう少し詳しく調べてみると、

ステライトは、アメリカのデロロステライト社の社長が発明した金属です。

耐蝕・・・さびない
耐摩耗・・・すりへらない
耐熱・・・暑さに強い

に優れたものです。

だから、一秒間に何発も打てる機関銃に向いている金属です。

で、

このアメリカの会社の金属を、

日本の三菱系の金属会社で販売してました。

だから「三菱ステライト」と呼ばれていたそうです。

で、

業界再編か、なにか、

わかりませんが、

今は、

日立金属社で販売しています。

名前も「ビジライト」という商標です。

そんなことは、

さておき、

ハサミではどうか?です。

磁石にくっつかない!

「磁石につきません。すごいです!」

って言うハサミ屋さんがいるそうですが、

あまりハサミには関係ない要素ですね(笑)

永切れする

鋼材としては、すり減りにくいです。

永切れしやすいです。

ただ、ハサミの良し悪しとしては、

・鋼材
・つくり
・刃付け

のバランスで決まります。

刃付けをしにくい

「すごい長切れするから、いいよ」

って言われて買ったんですが、

すぐ切れなくなります。

ということがあります。

これは、刃付けがしにくいからです。

鋭すぎる刃付けをすると、

はじめはよく切れますが、

すぐ切れなくなります。

切れるけど、シャキッとしない、、、みたいな感じです。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:47 / ハサミの豆知識,鋼材鋼材の話(ステライト) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら