ハサミのハンドルとは

ハンドル

 

手で持つところ、指穴があるところ。

一般的には、柄と呼ばれます。

あしと呼ぶ人がいますが、マニアックなひと、または製造するひとです(笑)

ハンドルの種類(メガネ・オフセット)

ハンドル写真の上がメガネ、指穴がそろっています。
使っている人は美容師さんに多いです。
指穴が比較的大きいせいか安定して持つことが出来にくいですが、反面持つときの自由度が大きく、いろんな持ち方ができるのでいろいろなカットがしやすいと言われています。

下はオフセット、指穴がずれていて親指の穴の位置が前のほうにあります。
使っている人は、美容師さん、理容師さん、トリマーさんです。
人間工学的に持ちやすい並びです。そのため持ったときに安定させやすいです。

どちらがいいということは、ありません。
好みです。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:14 / ハサミの豆知識,ハンドル(柄)ハサミのハンドルとは はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら