(ハマ系)ハマグリ刃って何?

ハマ系(ハマグリ刃・段刃・剣刃)

カマ系(カマ刃・直刃・柳刃・笹刃)

 

ハマグリ刃

金太郎あめを切るように、

はまぐり刃を切るとこのような断面図になります。

オレンジのわずかなRがふっくらしているのが特徴です。

ハサミでハマグリ刃とは、

ハマグリみたいな形の刃です。

あさりにも似ているいますし、しじみにも似ていますね。(笑)

 

いいとか、あまりよくないとか、

よく切れるとか、そうでもないとか、、

いろいろとあるかもしれませんが、

基本的に刃の形状(ハマ系)で、切れ味が変わることはないと考えています。

刃付け次第でかなり変わるからです。

同じハマグリ刃のハサミで、

鋭い刃付けをすることもできます。

また、鋭くない鈍い刃付けをすることもできます。

 

刃の形状と一口に言っても、2種類あって紛らわしいです。2グループあります。

1.ハマ系(ハマグリ刃・段刃・剣刃)

2.カマ系(カマ刃・直刃・柳刃・笹刃)

 

 

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:14 / ハサミの豆知識,刃の種類(はま系)(ハマ系)ハマグリ刃って何? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら