理美容のハサミで、いい造り、悪い造りとは?②

裏スキの例

前回上の図を使って良い例を紹介しました。

ほとんどのハサミは良いハサミです。

が、

よーーーーーく、見て、

細かすぎるくらいに見ると、

実は、

「あともう少し」のものが意外と多いです。

 

悪い例となっているハサミは、どんな感じなのか説明します。

かなりマニアックなので、使う方にはどうでもいいことかもしれません(笑)

 

さて、

良い裏スキもう少しな裏スキ1

あえて並べました。

その違いは、赤の線がカーブしているか、直線かの違いです。

まっすぐの直線の場合、刃先が切れなくなるのが早いです。

ヒネリが弱いからです。

開閉のスムーズさを重視して、ソリを弱くすると刃先が切れなくなります。

この手のハサミを使っている方は、

「おしグセ」がつきやすいです。

親指をこねるように、押し出して切らないと切れないからです。

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 12:30 / ハサミの豆知識,造り理美容のハサミで、いい造り、悪い造りとは?② はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら