理美容のハサミで、いい造り、悪い造りとは?④

福山結婚

福山雅治ファンのみなさま。

ご結婚おめでとうございます。

と同時に、極々わずかな可能性がなくなってしまったということで、(笑)

胸に五寸釘を刺された、、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お悔やみ申し上げますm(__)m

(千原ジュニアさんもおめでとうございます!!)

 

良い裏スキ悪い裏スキ例

さてさて、

良い作りと悪い作りですが、

今回の悪い例は、意外とわかりやすいパターンです。

 

この図のようなハサミの場合です。

赤の矢印が左によれているところがあります。

ここから先が切れません。

力がスムーズに伝えられないからです。

 

このようなハサミは、実は一般的に売られていません。

しかし、使っている方がいます。

そのハサミの持ち主の大半は、

それは研ぎに出したタイミングで、「???という感じで戻ってきた」といいます。

それも

「こんなハサミはダメだ!

オレは腕がいいという研師だから、任せなさい!」みたいことを言うハサミ屋さんに依頼すると

このようになってしまうようです。

 

自信を持って仕事をすることは素晴らしいことです。

しかし、

自分の能力を過信してしまうと、

変な方向に行ってしまうのではないでしょうか。

 

昔、おじいちゃんに教わった

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉を思い出します(^^)

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:25 / ハサミの豆知識,造り理美容のハサミで、いい造り、悪い造りとは?④ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら