セニングのフラット刃

こんにちは

オオタです。

先ほど久しぶりにブログを書きました。

田舎とフラット刃」です。

同じようなタイトルですが、ちょっと違う見方で考えて見たいと思います。

まず、

フラット刃の確認です。

一般的なセニングのクシ刃は、V溝があります。

最近はこの溝が、vではなくて、vvになっていたり、vvvだったり、

vvvvvvvvvと、、、、、数えたくない、、、ことになっていますが、

基本、溝があり、毛を挟んで切り落とします。

 

(フラット刃)

ファジー刃

V溝がありません。

溝がないと、柔らかく切れます。

そのためV溝タイプのものに比べて、圧倒的にカット率は下がります。

10%くらいのもの流行ったこともあります。

 

ごくごくまれに、

ハサミを良く知らない営業マンが(カット率10%のセニングを持って)

「このハサミ、ラインがでないから、デビューしたてのスタイリスト向きだよ。」と売り込みます。

それをそのまま信じで、購入した美容師さんがいました。

この美容師さんは、

はじめセニングのラインが出ないのはいいことだとおもいました。

でも慣れてくると、他の人の何倍も時間がかかるのです。

単純にカット率30%のセニングを使っているひとの3倍ですね。

毛量を減らすメインのセニングとして使うと、

「あまりに時間がかかって日が暮れてしまいます。」そうです。

毛量の少ない人だと、日は暮れないでしょうけど、、、(笑)

元気のいい高校生なんかは、、、時間がかかりそうですね(笑)

日が暮れる

その辺は、

使い方などを考えて、

注意が必要になりますね。

 

 

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:28 / セニング,ハサミの豆知識セニングのフラット刃 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら