日本刀焼入れとハイス鋼

日本刀

こんにちは

ハサミ職人です。

日本刀の焼入れの流れです。

前回、刀の原型が泥で塗られました。

これを火に入れます。

すごく熱くします。

思いっきり熱を加えます。

刀が赤くなるほどです。

写真はその前の段階です。

次回はその赤くなっている刀の写真をのせますね。

以前のハイス鋼の説明では、ハイスピードで使う鋼ですと説明しました。

ハイスピードのハイスです。

特に理美容ハサミ用の鋼というわけではなくて、

どちらかというと、工場で使うような工業製品用途に感じます。

で、

ハサミにハイス鋼って書かれているハサミですが、

やはり鋼は硬くて、毛に負けること無くよく切れるイメージがあります。

ハイス鋼って書かれていましたが、粉末系(スーパーゴールド鋼)のものと同じような印象を受けています。

ちなみに、この「ハイス鋼」の位置づけですが、

例えば、こんなのがあるとします。

生物>動物>人間>日本人

生物のなかの、動くのが動物で、、その中に人間がいて、、、いろいろな人間がいて、その中に日本人がいるという意味です。

鋼で言うと、

鋼>ステンレス鋼>ハイス鋼>スーパーゴールド鋼

って感じです。

少々、真面目過ぎたという反省を残して。

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:50 / ハサミの豆知識,鋼材日本刀焼入れとハイス鋼 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら