日本刀焼入れとハサミ②

焼入れ

日本刀の刀鍛冶の話の続きです。

前回と比べて、刀が赤くなっているのがわかるでしょうか?

日本刀の原型は熱で赤く、火の色のようになっています。

このとき、どのくらい赤くなっているか、、、

これが一子相伝の秘伝中の秘伝です。

そんな重要な技術なのに、写真まで撮らさせてもらえるなんて、、、月山先生太っ腹です。

ちなみに

刀の本によると、

春の真夜中の三日月の色とか、、、そんな詩的な表現で伝えられるそうです。

しろうとの私たちが見てもよくわかりませんが、とにかく赤くなるまで熱して、

このあと一気に水で冷やします。

次回はその辺を紹介させてもらいます。

ちなみに日本刀に限らず、

刃物というのはこういった流れで、

鉄から刃物にします。

つまり、

鉄を赤くなるまで熱して、一気に冷やす。

安い刃物は粗悪な鉄(不純物がたくさん)なのでしっかりとできませんが、

この日本刀に使われる鉄は、

玉鋼(たまはがね)といって、不純物の少ない鉄とのことです。

それを10キロ用意して、、、

鍛錬ということで、より純度を高めて、、、

最終的には1キロになるそうです。

まあ、ハサミも意外と、、、日本刀に劣らずいい鋼だと思っています(^^)

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 17:34 / ハサミの豆知識日本刀焼入れとハサミ② はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら