日本刀焼入れとハサミ④

日本刀焼入れ

こんにちは

オオタです。

先ほどテレビの取材を受けました。

関西圏の「よーいどん」という番組です。

芸能人がぶらりと街を歩いていると、ふと、はさみ職人に出会ってしまうという

テレビマンの実力が試される、、、番組です。

その取材のために今回が2回目でした。

次が本番みたいですが、もしかしたらまた取材があるかも、、、とのことです。

裏方さんは大変ですね!

さて、

写真は、

前回、刀を一気に冷やしまして、

その後です。

水で冷やしたばかりで、まだ泥がついています。

そして、

ソリができています。

赤く熱せられているときはまっすぐでしたが、

水で冷やして取り出すと、このようにソリができるということです。

その理由は、

刀の刃の厚さと塗る泥の厚さなどで決まるそうです。

この辺はまさに名人芸です。

すごいですね~。

ちなみにハサミもソリがあります。

これは日本刀のように熱を加えて、ソリをつくっているわけではありません。

物理的に作るんです。

叩いたり、

削ったり、、、、します。

じゃ。また。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 19:45 / ハサミの豆知識日本刀焼入れとハサミ④ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら