日本刀焼入れとハサミ⑤

焼入れ

刀鍛冶レポート最後です。

見学させもらった月山先生ありがとうございました。(^_^)

まず、

左の靴が見えるひとは、普通の見学者です。

その横、

写真上部に見えるハンマーがあります。

これは、鍛錬するときに使うハンマーです。

それぞれの重さや大きさが違って、

各自が使いやすいものを使うそうです。

そして、

刀。

泥がまだついています。

よーく見て欲しいのは、泥が波を打っている点です。

これはわざと波の模様に泥を塗っていました。

切れ刃の方をうすく泥を塗り、峰側を厚く泥をぬります。

最後に、

刀の下にあるのは水槽です。

この作業に使う専用の水槽です。

下の方に、

鯉が泳いでいました・・・・うそです。

なめたら、泥水でした(笑)

日本等はこの後、

泥をとり

荒磨き、荒研ぎをします。

その後、

名入れをします。

名入れというのは、この刀に私が造りましたという、彫刻です。

名前や龍の模様とか、梵字とかが入っていました。

そして、

研師へ出され、きれいに刃付けがされます。

理美容のハサミの研師はよく切れうように刃付けをしますが、、、

日本刀の研師は、よりキレイに見えるように研ぎます。

ハサミの研師は、実用重視です。

日本刀は、切れ味無視、もちろん永切れなんて全く関係なしです。

見た目が全てです。

この時点で、売り物になるようです。

が、

さらに、

手にもつところや、

刀をしまう鞘を作って、、、完成となります。

ちなみに、

この先生の日本刀は、

横綱の白鵬のリクエストで「日本の心」として、

後援会からプレゼントされたそうです。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 20:00 / ハサミの豆知識日本刀焼入れとハサミ⑤ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら