シザース ヒットゴム 金属ってどうなの?

男「朝トイレ行ったんだけど・・・

なんか、硬いものが出てきたと思ったら、コレ!」

女「えっ。くさいんですけどーーー」

どうですか

こんにちは

オオタです。

深い意味はございません。(笑)

さ、

て、

ハサミのヒットポイントですが、

本来はゴムで出来ていて、衝撃を和らげるためについています。

これを金属製に替えると、カチカチと音がしますね。

これって、

どうなんでしょうか?

(イイ点)

開閉させるたびにカチカチと音がでるので、リズムよくカットが出来る。

カット中無口なので、サロン自体が静まり返らなくていい(笑)

(イマイチの点)

先輩や同僚に「うるさい」と言われる。

繊細なカットをしている雰囲気を出しにくい。

(気に留めておくこと)

ネジがバカになりやすい。

→本来ゴムで衝撃を吸収するべき力があります。

この力がネジのところで受けるような形になり、金属疲労というか、ネジ穴が大きくなります。

ハサミにも関係しますが、1,2年では何の変化もありません。

しかし、5年以上使いつづけると、

ネジ穴が大きくなり、閉じても刃先だけ開き気味であったり、

逆に閉じた時に峰側から刃が飛び出て危険な状態になったりします。

もちろんビシっと切った感じは出にくくなります。

こうなると、

修理はほぼ不可能です。

新しく買い替えですね。

あと、

簡単に音出し仕様にする事ができるハサミと、

簡単にはいかないハサミがあります。

じゃ。また。トイレ行ってきます(笑)

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 14:26 / ハサミの豆知識シザース ヒットゴム 金属ってどうなの? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら