ハサミに使っているステンレスは何ですか

「わたしのこと

すきになっちゃった?

チューしてもいいよ。

いっかい、5万円ね!」

ハサミに使っているステンレスは何ですか

 

 

お金持ちのオッチャン&オッチャン予定者のみなさま。

小悪魔には注意しましょう!

ケツの毛まで、むしり取られますかね!(笑)

さ、

て、

大半のハサミは2つのステンレスから出来ています。

一つは刃の部分。

鋼です。

ステンレスの鋼です。

もう一つは、ハンドルの部分。

ここは鋼ではありません。

そもそも鋼って、何?

という質問がでてきそうですが、別の機会にコメントさせていただきます。

今回のハサミに使われているステンレスですが、

まずは、刃のステンレスについて

440cです。

これは工業規格で決められた基準の鋼です。

ただ、440cは一昔前という印象があります。

今はそれよりも硬くて、粘りがあって、決めの細かい鋼が採用されています。

これは各メーカーいろいろな名前をつけたりしているので、よくわかりません。

しかし、より特殊な鋼材で、刃物の中でも最高級のものが採用されています。

あと、ハンドルの部分です。

これは、よく覚えていませんが、

SUS304

が代表的です。

調べると

「最も代表的なステンレス鋼です。
オーステナイト系で、18% のCrと8%のNiが主要成分です。 「18-8ステンレス」と呼ばれたりもします。 耐食性は優れていて、機械的性質も良好です。 家庭用品から工業用品まで広く利用されています。 冷間加工によって硬化し、磁性が発生することもあります。 」

だそうです。

ハサミのハンドルに求めらているのは、

・錆びにくい

・加工しやすい(磨けば、よく光る)

です。

そんな意味で一般的なものが採用されています。

ってことで、

チュ~するのなら、ハサミを買って下さい(笑)

じゃ。また。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 14:47 / ハサミの豆知識ハサミに使っているステンレスは何ですか はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら