5%のすきバサミと10%のすきバサミ

 

「やばっ。パラシュート忘れた!」

すきバサミ 5%

こんにちは

オオタです。

飛び降りるときは、パラシュートがあるといいですね!

安全に着地できます(笑)

でも、

もしかしたら、

ネックレスの天然石が働いて、

空をとぶことができるかもしれません。

さ、

て、

理容師さん、美容師さんの繊細な仕事をされる方は、こだわり感はとてもすごいことだと思います。

とても勉強になります。

今回のタイトル

「5%のすきバサミと10%のすきバサミ」ですが、どうなんでしょうか?

正直に言います。

実は、

5%のすきバサミと10%のすきバサミは、(たぶん)同じです。

同じという意味で、、、、

この言葉の裏の意味として、2つあります。

ひとつ目は、

そもそもセニングのカット率はアバウトになっているからです。

つまり、

ハサミの長さのように定規で測ることができない・・・

または、

測るのに異様に手間がかかるので、現実問題として測ることができないのです。

なので、

5%と10%は誤差です。

恐らく、苦労して測った5%セニングを10%のセニングですよと言っても・・・

「10%にしては、すこし少ない気がするけど、少なめの10%か・・・(笑)」

というのはよくあることです。

逆に「多目の5%なんだ~」というのもあります。(笑)

なので、

ハサミ屋さんの意見は参考程度に聞いておいて、

ご自分の感覚というのがより大切になってきます。

もうひとつは、

状況によって変わるからです。

その状況というと、例えば刃付けによって変わります。

よく切れる鋭目の刃付けなら、カット率は高めになります。

逆の場合、カット率少なくなります。

カット率10%くらいのものであれば、カット率1%とか、、、、0.05%くらいまでイケルと思います。

が、計測は難しいですね(笑)

ウエットか、ドライかでも変わりますね。

軟毛か、剛毛かでもかわります。

直毛か、くせ毛かでも・・・・

つまり!!!

結論ですが、

カット率が少ないセニングが必要なとき。

カット率10%くらいのものを買って、

研ぎの依頼の時に

もう少しカット率を増やしたい(難しいときもある)とか、

もう少しカット率を減らしたい(大半はできる)とか

リクエストをするといいと思います。

ってことで、パラシュートを忘れずに(笑)

じゃ。また!

 

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:40 / セニング,ハサミの豆知識5%のすきバサミと10%のすきバサミ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら