刃物の職人

刃物職人

こんにちは

オオタです。

職業は、ハサミ職人です。

刃物の職人というと、実はいろいろといらっしゃいます。

まずは、鍛冶屋さん。

この仕事は、鉄を硬い鋼にする仕事です。

火を操り、硬い鉄をより硬く丈夫に作り替える仕事です。

刀鍛冶が有名ですね。

そして、上記写真のとおり、カンナもノミも金槌も・・・鍛冶屋さんがつくります。

ハサミも鍛冶屋さんが存在します。

とはいえ、工場の中で工業製品としてつくられています。

そして、研師。

刃付けをする人たちです。

硬くて丈夫な鋼を鍛冶屋さんが作ってくださって、

それを元に、キレイな形にしたり、鋭い刃をつけたり、磨いたりが仕事になります。

そして、使う人

実際に使う方も、刃物の職人さんです。

大工さん、調理師さん、、、そして、ハサミを使う理美容師さん、トリマーさんも職人さんになります。

ちなみに、

私は自己紹介するときに、「仕事は、はさみ職人です」と言います。

すると、

上記の通り、

刀鍛冶みたいな、赤い鋼をカチンカチンと叩く職人さん?と聞かれることがあります。

ハサミを研いだり作る人ですねと言われることもあります。

そして、「あっ美容師さんですか」と言われることも多々あります。

どれも、「はさみ職人」さんですね。

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 20:32 / ハサミの豆知識刃物の職人 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら