ベアリングのハサミ

「なにそれ!

クマのリングって....

どんだけ、大きいんですか?」

ベアリングのハサミ

こんにちは

オオタです。

ベアリングのベアって、

熊という意味もありますが、(笑)

今回は「受ける」という意味の方です。

ベアリング=軸受と訳すようです。

そもそもベアリングというのは、ボールベアリングの省略です。

で、

ボールベアリングというのは、

ボールがコロコロと動くという特徴を利用して、

スムーズに動かせるための部品です。

なので、

その特徴は、「ボールが入っている」です。

ベアリングには小さいボールが入っています。

このボールが見えるものもあります。

見えないものもあります。

で、

このベアリングが入っているハサミがあります。

それがいいのか?っっていう話です。

「ベアング入りのハサミっていいのでしょうか?」

実はベアリング入のハサミって2種類あります。

一つは、スラストベアリングが入っているハサミ。

メリットは、開閉がスムーズです。

デメリットは、長いハサミほど力が伝わりにくいです。

もう一つは、ラジアルベアリングが入っているハサミです。

メリットは、なんとなく良い気がする(笑)

(実際の効果は薄いです)

デメリットは、錆びたら最悪!です。

ちなみにベアリングの入っているハサミの8割くらいはラジアルタイプです。

 

「ベアリング入りは、あまり良いことがない」という方もいらっしゃいます。

見た目は少しいいんですが、、、、。

好みってことになるんでしょうかね?

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:05 / ハサミの豆知識ベアリングのハサミ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら