セニングの選び方

 

ぶどうは、マスカット巨峰が代表的ですね。

この間には「甲斐路」があります。

 

ちなみに巨峰の親戚には、ちょっと小粒で種なしのベリーAと大粒のピオーネがあります。

もしぶどう狩りに行った時は、ピオーネがおすすめです。

すごくおいしいですよ。

選び方

こんにちは

オオタです。

「好きな食べ物は巨峰です」

が本当はピオーネです。

ピオーネと言ってしまうと、めんどくさい奴と思われそうなので、巨峰というようにしています。

さ、

て、

ぶどう選びではなくて、セニング選びです。

失敗しないであろう、セニング選びのポイントは、ズバリ切ってみる!です。

ある程度ハサミに詳しくなってくると、

自分が必要なカット率というのがわかってきます。

もし、初めての一丁だったりするのなら、、

または、メインとなる1丁なのであれば、

カット率 20-30%を選んでください。

そ、

し、

て、

切ってみましょう。

切って確認します。

そのときのポイントは、

1.ひっかからないか?

切れる切れないのチェックは当然ですが、たまにひっかかるセニングというのがあります。

造りが問題だったり、刃付が問題だったりしますが、、、

ひっかかるというのは、よくないですね。

2.縦切りをしてみる。

セニングは髪の毛と垂直に切るのが、ハサミとしてはいいです。

てきることなら、縦きりせず、横のみにするのがいいです。

しかし、実際はそうだと仕事にならないと思います。

最近はいろいろなセニングが出てきていますが、

意外と横はとても良くて、、、

縦は苦手・・・

というのが増えています。

その辺を是非チェックしてみてください。

もちろん、縦には使わないということであれば、

それはチェックしないでもいいですね!

じゃ。また。

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 20:40 / セニング,ハサミの豆知識セニングの選び方 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら