鋏のネジが緩むとき、どうすればいいか?

 

夫「おい、なつみ、今夜あたり、どうだ?」

妻「やだ~。お父さん、朝から。(笑)」

夫「おれは、今からでもいいぞ!」

鋏のネジが緩む

こんにちは

オオタです。

「オオタさん、そんなことを書いていると、お客さんなくすよ」

って言われることが・・・・たくさんあります(笑)

でも、

いいんです。

そのぶん、

冗談の通じる人と仲良くなれます。

さ、

て、

シモネタに走りつつあるって、話は置いておいて。

「鋏のネジが緩む」話です。

ハサミのネジが緩むパターンは、いくつかあります。

1.ネジ自体がバカになってしまった。

この場合はネジの交換が必要です。

2.そもそもハサミの造り自体に問題がある

これはネジも含めたハサミの作りです。

開閉するたびにネジが緩みやすいというハサミが実際にあります。

これは、イロイロと原因がありますが、ネジの所のアソビが大きすぎるのが一番の原因です。

ハサミ屋さんに相談しましょう。

3.ハサミが柔らかい

ほとんどのはさみは、

使っていて馴染んでくると、ネジがゆるみます。

(正確には、ネジは緩まなくて、ハサミの刃が減るため、ゆるくなります)

普通のハサミは、

馴染むと、そこでそれ以上は緩まなくなります。

しかし、

例えば、昔の鋼などは、開閉のたびに刃がすり減りやすいので、より緩みやすくなります。

この場合は、小まめに締めて使うことになります。

じゃ。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:29 / ネジ・部品,ハサミの豆知識鋏のネジが緩むとき、どうすればいいか? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら