ハサミ「製鉄所で、どうやって鉄にするんだ?」

 

「バナナみたいな○○○が出たよぉ~」

、製鉄所で、どうやって鉄にするんだ?」

 

こんにちは

オオタです。

(いきなり下ネタかいっ!)

そんなツッコミが聞こえて来そうですが、

鉄の話の続きです。

鉄のもとは、鉄鉱石で、船に乗って日本にやってくるという話でした。

ちなみに、

日本刀で有名な、玉鋼というのは、日本の砂鉄からつくられています。

根っからのメイドインジャパンということですね。

さ、

て、

海外からやってきた鉄鉱石は、

製鉄所に運ばれます!

鉄は重たいので、船が横付けできるくらい海の近くに製鉄所があります。

製鉄所の大きさは、東京ドームの約150個~260個分です。

よくわからないけど、馬鹿でかいということですね。

さ、

て、

船から鉄鉱石を降ろしました。

このとき、鉄鉱石の鉄って50%くらいで、ほかは不純物だそうです。

この不純物を取り除いて、鉄板にするのが製鉄所の仕事です。

で、

その後、鉄鉱石はコークス(石炭)や石灰を混ぜて溶かし、ペレット状のものにします。

そうすることで、不純物を取り出しやすくなります。

さらに、

これを大きな釜で溶かします。

ドロドロにします。

これを取り出して、大きい金塊みたいな形に固めます。

この金塊みたいな形を鉄板にしたり、鉄線にしたり、、、さらに加工します。

そして、

船に乗せて出荷されます。

この船は、

自動車メーカー行きもあるし

針金メーカーもあるでしょう。

刃物用材料メーカーへも行きます。

じゃ。

この辺で。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:45 / ハサミの豆知識,鋼材ハサミ「製鉄所で、どうやって鉄にするんだ?」 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら