人間ハサミと動物ハサミ

犬とハサミ

 

こんにちは

オオタです。

実は、犬猫アレルギーです。

犬猫はかわいいので、なでなでしますが、

さわった手で目をこすると真っ赤になって、かゆくなります。

その後、鼻水が出て、くしゃみが始まります。

わかりやすいアレルギーのパターンです(笑)

が、

しかし、

正直に言うと、

大丈夫な犬猫もいます。

野良は完全NGですが、

いいものを食べていて清潔なヤツなら、問題無い場合もあります。

さ、

て、

昔、先輩の家に言ったら、目が真っ赤に腫れて、くしゃみが止まらなかったという話は置いておいて、

はじめます。

 

「人間用のハサミと動物用のハサミ何が違う?」です。

今回はトリマーさん向けに書かさせて頂きます。

ハサミの営業の人やメーカーの人が

もしかしたら、

こう言うかもしれません。

「トリミング用と人間用のハサミは全然違いますから、人間用とか使ったらダメですよ!」

確かに、

同じ毛を切るとはいえ、毛の質が違いますね。

でもね。

ハサミの作りとしては、同じです。

ぶっちゃけ・・・

同じハサミの刻印を変えて、人間用、、、トリミング用、、、と分けているメーカーさんもあります。

同じハサミで刻印を変えていないところもあります。

ただ、

ちょっとだけ刃付けを変えると、トリミングしやすいというトリマーさんもいるかと思います。

とはいえ、

人間用のハサミの刃付けが好みという方もいらっしゃいます。

もちろん、そうでないひともいます。

で、

どう違うか?

というと、

私自身、勘違いしていたんですが、

・人間用・・・よく切れる

・動物用・・・よく切れない

です。

動物の毛は柔らかいから、よく切れないほうがいい・・・

と先輩に教わりました。

実際、トリマーさんのハサミを見ると、よく切れませんし・・・(笑)

逆によく切れないほうが仕事がしやすいんだと思っていました。

が、

しかしっ!

トリマーさんと話をするたびに、

考えは改まりました。

人間用と同じで、よく切れるハサミが使いやすいということです。

どうやら、

トリミングの業界の古い、一部の人達の中には、ハサミなんて、何でもOK、

よく切れるハサミはもったいない・・・

という考えがあるようです。

最近になり、

トリマーさんが増えて、

若い人たちがどんどん出てきて、

ハサミもちゃんとしたものを使うようになって(昔はホント、ひどかった・・・)

切れる切れないの判断が繊細な方が増えてきました。

(アバウト仕事だと切れる切れないはあまり関係ないようです)

当然、

いいハサミも増えてきて、、

刃付けのリクエストも多くなってきました(いいことです)。

とはいえ、

まだまだ、

全国には、そうでないところもあるかと思います。

もし、

ハサミが切れないと思って、???と思いながら、使っているのなら、

私から言うのも、、、なんですが、

ハサミやさんを変えてみてはいかがでしょうか?

もしくは、お医者さんのセカンドオピニオンみたいな感じで、意見を求めてみるのもいいと思います。

ちなみに

私は、こちらにおります。

じゃ。

また。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:50 / ハサミの豆知識人間ハサミと動物ハサミ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら