ハンドルの干渉

「僕のこと、ろうそくとムチでいじめてください。」

「いいよ。私でよかったら。」板ばさみ

こんにちは

オオタです。

痛いのはキライです!

イジメもキライです!

女王様は嫌いじゃないです(笑)

さ、

て、

この写真を見て下さい。

よーく見ても、よーくわかんないくらい、細かいところです。

刃元の干渉

 

通常、動刃と静刃はヒットポイントで、閉じ切ります。

(細い線の○の部分です)
ヒットポイントがないと、刃と刃が交差して危険な状態になります。

 

ヒットポイントが浮いているような状態になることがあります。
ヒットポイントより先に、太い実線の○の部分が触れ合うようになります。

 

原因としては、今まで研ぎ込まれ刃が小さくなった事が考えられます。

平たく言えば、削りすぎです。

削りすぎと言っても、

一度にたくさん削ってしまったという削りすぎがあります。

この場合は、あまりよろしくない研ぎ屋さんの場合になります。

逆に、

通常はあまり削らないよい研ぎ屋さんの場合、

毎週まめに研ぎに出して、5年経って・・・削りすぎ

という場合もありますね。

で・

今後の対策として、
1.刃先が閉じないまま使う

2.刃先を閉じるところまで、先詰めする。

3.ハンドルの根本部分を改造する。(一度切り落とし、削り溶接し直す)

というものがあります。

1.は、いろいろと問題ありそうです。

2.は、どんどん小さくなってしまいます。

3.は根本的な修理になりますね。

あと、

新品を買うっていう対策もありますね。

何回か、女王様に合わなければ、買えるかと思います(笑)

じゃ。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 19:56 / ハサミの豆知識ハンドルの干渉 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら