ハサミの知識21 全鋼(ゼンコウ)・着鋼(チャッコウ)

天の声:キリンさ~ん、何やっているの?

キリン:エアーシャンプー

天の声:えっ (・o・)

1

こんにちは

オオタです。

どちらかと言うと、キリンさんよりは、お馬さんが好きです(笑)

深い意味はありません。

さ、

て、

screenshot.22

 

全鋼(ゼンコウ)・着鋼(チャッコウ)のお話です。

シンプルに表すと、

・全鋼=全部が鋼。

・着鋼=鋼+軟鉄、鋼に軟鉄を貼り付けている。

です。

全鋼というのは、わかりやすいです。

全部鋼ということです。

着鋼というのは、刃のところは鋼で、刃ではないところ(峰)は軟鉄です。

鋼というのは硬いので、もろいです。

もろいというのは、折れやすかったり、欠けやすいです。

軟鉄というのは、粘りです。

折れにくく、欠けにくいです。

また、

鋼は削りにくいです。硬いからです。

軟鉄は削りやすいです。柔らかいからです。

むかし、

鋼を削る道具にいいものがなかった頃、

鋼を削るのに時間がたくさんかかりました。

たくさん時間がかかりすぎて、ハサミをたくさん作れない!という問題があります。

少ししか作れないから、高価になる、、、、という感じです。

逆に着鋼の場合、

鋼の部分は削るのに時間がかかりますが、軟鉄の部分は時間がかかりません。

その分早く作れるので、全鋼よりはたくさん作れます。

なので、安く大量に作りやすいです。

ただ、

これは昔の話しです。

今は鋼を削るに技術の進歩があって、それほど差がなく研磨できます。

なので、

99.99%が全部鋼の全鋼です。

ちなみに、

鋼と軟鉄を貼り合わせるというのは、アロンアルファなどの接着剤ではなく、、、

熱で貼り付け、ハンマーでバシバシ叩いて、熱と圧でくっつけるそうです。

じゃ。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 18:55 / ハサミの豆知識,鋼材ハサミの知識21 全鋼(ゼンコウ)・着鋼(チャッコウ) はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら