五重塔と桜とハサミとステンレスの話。

DSC_0081

こんにちは

オオタです。

京都といえば・・・

五重塔

ハサミ

ですね!

ということで、

駐車場代1,000円、

参拝料600円を払って、

ハサミをもって、

世界遺産の醍醐寺に行って参りました!

ハサミを手に記念撮影をしてきたわけですが、、、

それを見た

中国人観光客が

「ちょっと、見てあるよ。

あの日本人ハサミ持って写真とってるあるけど、、

なんかのご利益があるあるよ!」

と言われても良さそうですが、みなさん桜の記念撮影に夢中でした。

さ、

て、

imgres

ステンレスの話です。

流し台のステンレスとステンレス刃物のステンレスは違うという話です。

流し台のステンレスは、硬いです。

でも、柔らかいんです。

空手チョップをすると、凹んだりするくらい柔らかいです。

チョップが嫌な人は、ヒザ蹴りでも曲がると思います。(笑)

で。

ステンレス刃物の場合は空手チョップをすると、

手が砕けるくらい硬いです。

刃物なので、硬いのです。

硬いから、モノを切ることが出来ます。

鉄に炭素が混ざっていると硬いです。

炭素を混ぜるというのは、↓こんなイメージですかね・・・

焼入れ

ってことで、

ステンレスと言っても、

刃物になるステンレスとならないステンレスがありますよっ!っていう話でした。

じゃ。

また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:53 / ハサミの豆知識,鋼材五重塔と桜とハサミとステンレスの話。 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら