ルイ・ヴィトンと京都はさみ職人

こんにちは

オオタです。

ビトン(あえてヴィトンではなくて)について調べてみました!

すごいです。

ビトン=金持ちの象徴です。

金持ちの集まるところには、ビトンがある・・・・みたいな別世界です。

で、

これを見ていたら、、、

ハサミが二箇所に出てきました!

まずは

これ。

DSC_0098

手にやたらでかいハサミをもっています。

丈夫な革とか布とかを切るハサミですかね。

そしてもうひとつ。

DSC_0099

これも同じようなハサミですね。

ハンドルが持ちやすいように立体的になっていますね。

以前、イタリアの紳士服に使っているハサミを見たことがあるのですが、

それもこんな感じのハンドルでした。

日本の理美容ハサミも3Dのハンドルが流行っていますね。

気になったのが、

よく見ると、ネジが飛び出ていますね。

飛び出てしまった・・・というわけではなくて、明らかに大きくしているような大きさです。

これは予想ですが、

机においたあるのを取るとき、取りやすいようにしているかもしれませんね。

欧米人って手が大きいし、不器用なぶん、手に取りにくいのかもしれませんね。

もしかしたら、偏見かもしれませんね・・・

でも、

海外で活躍する日本人の美容師さんなんかの話を聞くと、

日本人の器用さ!すごい!らしいです。

現地にいると歯が痛くなっても、歯医者に行きたくはならないようで・・・

不器用な歯医者に当たって、口の中がめちゃくちゃになりそうなイメージがあるようです。

さて

さて、

とはいえ、

さすが、びとん!

かっこいい感じで写真をとりますね!

↑そこかいっ!

じゃ。

また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:21 / ハサミの豆知識ルイ・ヴィトンと京都はさみ職人 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら