トリマーの鋏「毛が噛む」

1

↑こんなメモ用紙をつかっている方から研ぎの依頼をうけました。

トリマーさんです。

「毛がかむので直してほしい」とのこのです。

トリマーさんからの依頼でおおい症状です。

トリミング用のハサミは理美容のハサミと基本的に同じです。

基本的に同じと書きましたが、、、

本当は、まったく同じです(笑)

あえて、

何が違うかというと、

今回のトリマー用のハサミの方が「毛を噛みやすい」という症状が起きやすいです。

犬の毛の方が細いので、この症状は出やすいです。

その対策のために、少し刃付けを変えます。

ここがちょっと、違うところです。

どうかえるのか?

言葉にするのは難しいですが・・・・

無理して説明してみます。

わざと切れ過ぎないようにします。

刃が鋭すぎて、向きが変わらないくらいに鈍くします。

この意味ですが、

ハサミの刃って、すごく硬いです。

が、しかしっ、先端の先端はあまり硬くないです。

人の手で工事現場の鉄パイプを曲げることは出来ないですが、細い針金なら曲げることができるようなものです。

ハサミの刃の先端の先端は、ちょっとだけ柔らかいので、使っているうちに向きがかわるように曲がってしまいます。

目で見えないくらい細かいところで・・・です。

で、

トリマーさんのハサミを研ぐときは、この向きがかわらないくらいに、すこしだけ鋭さをなくします。

かなり微妙なところですが・・


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 15:41 / ハサミの豆知識,切れ味トリマーの鋏「毛が噛む」 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら