ソリについて②

「じぃじ。ばぁば。

ビィータ(小型電子ゲーム)かって!」

1-1

親に言っても、

おこられるだけで・・・

夏休み、ジジババにおねだりした結果、見事にゲット!!!

の父、オオタです。

ちなみに、マインクラフトをやりたいそうです。

さ、

て、

今回もソリの話です。

前回の記事がなぜか、好評で、申しすこし詳しく説明してほしいとのことです。

な、

の、

で、

今回は、写真入り!イラスト入り!でわかりやすく説明します(笑)

まずは、ソリの説明から。

1

こうやってハサミをみて、動刃と静刃の隙間があります。

動刃も静刃も反っているので、隙間が見えるのです。

イラストだと、こんな感じですかね(笑)

かなり大袈裟ですけど。

1

で、

私たちはさみ職人がこのソリをチェックするのは、こんな感じでやります。

1-1

わかりますかね?

平らな板の上にハサミをのせて、その隙間の状態をチェックします。

イラストでデフォルメすると、こんな感じです。

1-2

(刃先が板についていないのが気になりますが、気にしないでください。)

このソリが大きいと力強く切れますが、すぐ切れなくなるとか、、

ソリがないと、毛が折れるように切れなくなるとか・・・いろいろとあります。

ちなみにこのイラストのように、

刃先が浮いているような状態だと、毛をつかむことができないので、刃先が切れないです。

で。

よくあるのがこんなソリの状態です。

1-3

これだと、刃元から刃中までは切れるけど、、、刃先が切れないという症状です。

いくら研いでも切れるようになりません。

これはハンマーで叩いて、調整します。

ちゅっとやりすぎると折れてしまうものです。

ちなみにこの隙間って、ごくわずかな隙間で、1mm以下です。

なかなか見慣れないとわかりにくいです。

で。

例えば、

「買うときにソリをチェックしたいんだけど、どうすればいいですか?」

という質問があったとします。

正解は、

「専門家がハサミを分解して、チェックする」です。

普通の人だ見てもわかりませんし、

そのまま組んである状態でしたら、専門家が見てもわからないかもしれません。

そのくらい繊細なハサミです。

 

てっことで、

なんだかんだ言って、

栗色ゆるふあは嫌いじゃないtって話でした(笑)

じゃ。また!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:55 / ハサミの豆知識ソリについて② はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら