ネジの締まりは適切か?

ご祝儀は、

じぃじが100万、親戚の金持ちおじさんが20万、社長は3万で・・・・

でも、赤字か・・・・!

1

こんにちは

オオタです。

だいたい、結婚式は赤字になるものだよん!

葬式は黒字みたいだけど、、、最近は出費も多くてそうでもないんだって。

 

さ、

て、

結婚式の金勘定のはなしはおいておいて、、、ネジの締まり具合の話です。

ネジは自分で調節するものです。

↑コレ重要です。

たまーに、「ハサミの研ぎを出したら、ネジがきつくて、疲れるから使っていない」なんて話を聞きます。

自分で調節しましょう!

「え~。

ネジの調節は自分でやっていはいけない・・・はずでしょ!

ディーラーさんが言ってましたよ!」

↑コレ、ディーラーさんの陰謀にハマっていますから。

 

ネジは自分ですきな硬さにするのが一番です。

きつすぎの場合、手が疲れて腱鞘炎の原因になりがちです。

きつめの場合、ハサミにとってはいいです。もしゆるめが好きなら、ちょっとだけ緩めてあげてください。

ゆるめの場合、ゆるくて使いやすいのかもしれませんが、切れなくなるのは早いです。

もし、永切れさせたいのであれば、きつめがいいです。

ゆるすぎの場合、どんなハサミでもすぐ切れなくなります。また変なクセがついてしまいます。ご注意ください。

 

つまり、

ユルユルだと、手にはいいかもしれませんが、すぐ切れなくなります。ハサミにはよくないです。

キツキツだと、ハサミにはいいですが、手が疲れます。なので人間にはよくないです。

ちょうどいいのは、ちょっとキツイかなあと感じるくらいです。

 

ちなみに、

使っていくうちに馴染んで、ネジが緩んできます。

すごく緩むネジあれば、あまり緩まないタイプもあります。

ネジのアソビが大きいほど緩みやすいので注意が必要です。

 

以上。

結婚は金がかかるよって話でした!

じゃ。また!

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:32 / ハサミの豆知識ネジの締まりは適切か? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら