ドライカットのハサミをズルズル滑らせる

ハロウィンは盛り上がりましたか?

1

我が家では、

去年、
せっかくお菓子を準備していたのに、
子供はTVに夢中だったので、一人寂しく用意していたお菓子を食べました。

今年、
準備しませんでした。

が、
「ハロウィーンクイズやろう!」としつこいので、
急きょコンビニにお菓子を買いに行って、やりました。

ちなみに、
このクイズというのは、小学生の息子が好きでして、
クイズに答えて宝探しをするというゲームです。

で、今回、そのお宝がチョコレート盛りだくさんでした。

ちなみに、
彼はチョコレートが大好きで、
人にあげるのが苦しく、
泣きそうになりながら、私に3粒くれました(笑)

そのガッツで将来、大物になってもらいたい!

さ、

て、

「ドライカット専用のハサミです。スライドでひっかかります。すべりません。
ズルズルで、まったく切れないというくらい、限界まで滑らせてください。」

というリクエストをもらうことがあります。

確かにスライドカット専用のハサミなら、ひっかからずに滑って切れないくらいがいいですね。

が、

限界までって、、、本当に切れないですから。

なので、
そんなリクエストがあっても、
ほどほど切れないように刃付けをします。

切れない度50%くらいです。

限界までというリクエストに対して、50%くらいにするというのは、
リクエストを正確に応えていないようで、心苦しいです。

で、

何か月か経って、、、だいたい、、、

「前は滑りすぎました。ほどほどに滑るようにしてください。」と
リクエストがあることが多いです。

そのとき、言う通りに100%ズルズルにしなくてよかったと思います。

で、すべり度10%-25%くらいにします。

だいたいこのくらいが使いやすいようです。

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:41 / ハサミの豆知識ドライカットのハサミをズルズル滑らせる はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら