シザーズテキスト、ハサミの良し悪し

来た!

やっぱ!

女になった!

気が付いたら、

男女が入れ変わるというありそうで、、、ありそうなストーリーを(笑)

見事な映画にした「きみの名は。」

やはり男の立場で見ました。

女の体に入れ替わったら、、、

まずは、おっぱいを確認すると思います。

それで、エロい目でいろいろなところを見て・・・

いや、そもそも、自分をエロい目で見ることができるのだろうか?


こんにちは

オオタです。

スマホはAUのXperiaです。


さ、

て、

今回はハサミの良しあしの話です。

ってことです。↑

鋼材がいい!から、このハサミはいい!っていうのもその通りです。

が、

鋼材がいいのに、作りがわるい。刃付けもわるい。そんなハサミ、たくさんあります。

あるメーカーは、立派なカタログで写真写りがよくて、デザインが良くて、鋼材がよくて、、、

作りと刃付けがわるい。

こういうハサミって、新品の頃はすごくよく切れるけど、何日かすると、あまりよく切れなくなってしまいます。

よく「始めからよく切れなかった。」という話を聞きますが、鋼材がいいだけだとこうなる可能性があります。

逆に、

鋼材が悪くても、造りと刃付けがよければ、それなりによく切れます。

例えば、、、

30年前のハサミなどでよく切れるものがありますが、それはこのパターンです。

簡単にそれぞれを説明します。

1.鋼材

これは鋼の硬さ、粘りなどです。粘りというのはすり減りやすさと考えもOKです。

鋼は硬いものですが、使っていると、自動車のタイヤがすり減るように、鋼もすり減り切れなくなるものです。

次回以降に詳しく説明します。

2.作り

作りがしっかりしていると、開閉がしやすかったり、疲れにくかったり、研いだとき新品のように復活したりします。わかりにくい点ですが、重要です。

3.刃付け

刃付けって、美容師さんのカットに似ていて、

カットが上手な人ならモデルさんをより美しくできるような感じです。

逆に刃付けが下手な人って、モデルさんの耳を切ってしまって、血だらけにしてしまうような感じです。

刃付けが下手過ぎて、「壊している」状態です。


さ、

て、

女性の体に入れ替わったとして、

きれいな女の人を想像してますが、

それがおばあちゃんだったり、小学生だったりしたら、、、、

びみょーです。

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 17:44 / ハサミの豆知識シザーズテキスト、ハサミの良し悪し はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら