シザーズテキスト、鋼材

こんにちは

オオタです。

ゆうびん屋さんがハサミの研ぎの依頼を届けてくれました!

人間国宝なんて・・・

秀くん、お気遣いありがとう。


さ、

て、

今回は鋼材の話です。

じゃん!!!!!!!

だいたいこんな感じです。

材料メーカーの商標があったり、

微妙なところもあるかもしれませんが、

細かいことは気にしないで、前をみて歩きましょう(笑)

1.鉄でも、軟鉄と鋼鉄がある。

鋼鉄っていうのは、字の通り鋼(ハガネ)の鉄です。

鋼ってことは、硬いです。

ハサミの刃や包丁やカミソリは、みんな鋼鉄です。

軟鉄(なんてつ)は柔らかい鉄のことです。

庭で使うシャベルとかは軟鉄です。研いでも切れるようにならないです。

2.ステンレスでも2つある。

上の図をみてください。

左のあるステンレスとど真ん中にあるステンレスです。

左のステンレスは、軟鉄のステンレス。

台所のステンレスですね。

真ん中のステンレスは、鋼鉄のステンレスです。

こちらはハサミのステンレスです。

3.コバルトには2種類ある。

ひとつは右側のコバルト。

これは金属ですが、鉄以外のところにしました。

鉄も入っていますが、コバルトがメインです。

切れるかどうかは、刃付けによって決まるといっていいくらい、研ぎにくい材料です。

もうひとつは真ん中下のコバルト系です。

今のメインの材料です。

細かくいろいろとありますが、ここの特徴は、鉄がメインにコバルトが入っているということです。

みそ汁の味噌みたいなものですかね。

(そんな安易に説明すると怒られそうですが、、、)

それぞれの違いはわかりにくいです。

例えば、普通の人は、

あるハサミを使って、切ってみて、このハサミの材料は●●だ!というのはわからないと思います。

それは造りや刃付けによっても変わるからです。

ただ、同じ職人さんが同じように作れば、その違いは判ると思います。

そうやって比べない限りわからないレベルです。


ってことで。

またね!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:01 / ハサミの豆知識シザーズテキスト、鋼材 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら