セニングシザーズテキスト、カット率

「しもしも・・・

オオタ?

今度ハサミ買うから、3ダース持ってきて!」

こんにちは

オオタです。

「買うから、ハサミ3ダース持ってきて」と言われたいです。

ちなみに、

バブル景気の頃を経験している理容師さんがいて、

その方の修行時代、お店のご主人が「3ダース持ってきて」と言ってたそうです。

3ダース持って来てもらって、

それぞれのハサミの調子をチェックして、

1ダースは自分で買って、

残り1ダースは、そこのスタッフたちが選んで、

残った1ダースは返す・・・そうです。

バブリーですね(笑)

ちなみに、

僕のバブリー思い出は、

リアルにこの電話を見たことです。

ホストのバブリー先輩が持っていました。

さ、

て、

今回はセニングのカット率の話です。

カット率は、パーセントで表します。

カット率50%は、50%の毛を梳(す)くという意味です。

カット率10%は、10%の毛を梳(す)くという意味です。

では質問です。

ブルゾン先生(以下ブ):カット率50%と10%のセニングがあったとします。

ブ:どちらがたくさん毛をとることができますか?

あなた(以下あ):50%です。

ブ:はい。そうです。いいウーマンです。

ブ:では、質問です。

あ:50%です。

ブ:ぶっぶー!ダメウーマンね!

ブ:男は何人いると思っているの。35億よ!

ブ:50%使ったら、前髪なくなっちゃって、三戸なつめちゃんになっちゃうわよ。

50%のセニングを使うなら、刈り上げのぼかしとかがいいですね。

今回はこの辺で。

じゃ。また!

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:40 / セニング,ハサミの豆知識セニングシザーズテキスト、カット率 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら