セニングシザーステキスト、カット率を決める要素

ヨロシク ピース オオタだよぉ!

生まれ変わったら、
こんな軽いノリもいいかもしれません。

いや、
生まれ変わらなくても、
近いノリはあります

ちなみに
一番尊敬しているノリは、

です。

このパッケージの色彩感覚、ノリのうまみを引き出した微妙な塩加減、

桃屋っていう会社なのに、「江戸むらさき」という付け足した感・・・

ザ・リスペクト・のり です。

さ、

て、

今回は

「カット率を決める要素」です。

セニングのカット率が決まる要素は、以下の3点です。


1.櫛刃の目数

30目より、40目の方がカット率が高い

例:30目(20%) 40目(30%)

2.V溝の状態

V溝は、Vのもの、Wのもの、WWのもの、、、溝がないものがある。

溝が深く、毛をどれだけ挟むかでカット率が決まる。

例:溝なし(10%) 浅いV溝(20%) 深いV溝(40%)

3.刃の摩耗度

使っているうちに切れなくなる。

切れ味が悪くなると同時に、カット率も下がる。


(前半、ふざけたから、教科書的でしょ)

解説します。

1.櫛刃の目数

これは、”櫛刃のひとつの櫛が同じなら”という条件です。

櫛刃の櫛っていろいろとあるので、こういった条件です。

一般的に30目の櫛刃より、40目のほうがカット率は高いです。

一般的な30目の場合はカット率が20%くらいです。そして40目が30%くらいです。

2.V溝の状態

V溝をよーーーく見てください。

最近のセニングは、Vになっていないくて、vvになっていたり、vvvだったりします。

溝が、vvvvvvvvvvといった数えたくないような溝もあります。

こういうのね↓

ちなみにこのハサミ、10目です。

が、カット率は80%です。

3.刃の摩耗度

使っているうちに切れなくなるのはセニングも同じです。切れないで使っていると、毛先がパサついたりしますね。

更に切れないまま使い続けると、切断面が白くなりますね!

えっ!

もう、白くなってる??

それ、アウトです。枝毛製造マシーンになってますね。

えっ!

まだ、買って2年くらいしか使っていない・・・

普通に使っていたら、2年は難しいと思います。

。。。

切れ味が悪くなるについて、カット率も徐々に下がります。

では、

問題です。

問題:カット率はどうやって決まるのでしょうか?下から選んでください。
a:厚生労働省の外郭団体が決める
b:理美容に関わる法律により決める
c:カット率測定器で決める
d:カット率測定士によって決められる
e:メーカーの社長が何となく決める。
f:売っている人が直感で決める。
g:使っている人が思い込みで決まる。

時間になりました。

答えは次回のお楽しみに(*^^)v

では、また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:04 / セニング,ハサミの豆知識セニングシザーステキスト、カット率を決める要素 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら