シザーズテキスト・切れるしくみ

エリザベス:ねぇ、あれ見て

ジェシカ:何してんの?

エ:おもしろそうね。

ジェ:もしかして?

エ:そうよ、きっと!

ジェ:あの伝説になった...

(二人一緒に)

エ :乳首ドリル!

ジェ:乳首ドリル!

※乳首ドリルとは、毎週土曜日のテレビでやってる吉本新喜劇の鉄板ギャク!

小学生を大爆笑にしてしまう破壊力を持っている。


こんにちは

オオタです。

好きなドリルは、LEDライトがついたヤツです。

ほしいなあ・・・。

さ、

て、

今回は、ハサミの切れる仕組みです。

逆に言えば、切れなくなる仕組みとも言えますね。

もっと発展させれば、よく切れる、切れない、、、とか、

なんで、研ぎに出してもすぐきれなくなるのかとか、、、わかるかも!

では、

さっそく、

下の図を見てください。

(この図、広島の美容師さんが作ってくれたんですけど、上手に作りますね。すごい。)

で、

切れる仕組みですが、小さいオレンジ四角のほうで説明します。

動刃と静刃が髪の毛をはさみます。

毛をはさんだ時。

ハサミの刃は鋭く、毛よりも硬いので、毛に刺さります。

さらに刺さって、毛が切れるわけです。

これって、ハサミの場合、2枚の刃ではさむことで切れます。

で、

ここのポイントは、

ハサミの刃は毛よりも硬いという点です。

毛より硬くないといくら鋭くても、毛を切り落とすことはできないです。

例えば、爪。

爪を鋭くとがらせて、毛を切ろうとすると、とがらせた爪が折れたり、曲がったりしてしまいます。

ハサミの刃も、究極的に鋭く、例えばアルミ箔くらい薄くしたとして、そのくらい薄いと毛よりは柔らかいですね。

その場合、どうなるでしょう?

次回、解説しますね。

じゃ。また!

 

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:01 / ハサミの豆知識シザーズテキスト・切れるしくみ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら