シザーズテキスト、刃の角度

いきなりですが!

例えばですが!

こういうポーズをとる女子がいたとします。

オオタくん(精神年齢:中2)が

「うんこ!ブリブリ!」

と言ったとします。

で、

ほぼ100%

「オオタくん、サイテー!」

「何言ってんの、信じられなーい!」

みたいなことを言われます。

ね。

こういうポーズでつっこまれると、

嫌い

じゃない!

好きになっちゃいますね!

男性のみなさーん。

わかりますよね!この感覚!

(オレ、Mなのかなあ)

このブログは男性向けに書いています(笑)

(または、アソビ心がわかる人に書いてます)

改めまして、オオタです。

こんにちは

はさみ職人をしております(^_-)-☆

今回は、

たぶんあまり聞いたことがない話だと思います。

ちょっと難しいかもしれません。

詳しい説明は、今度会っときにでも・・・(きっといつか会いますよ)

前回のハサミを切ったところの図の続きです。

前回を見てなければ、一応見ておいてください。

(こちらシザーステキスト、切れるしくみ

鈍角(どんかく)の刃の場合です。

まず、刃の角度が鈍角というのは、赤い線のところです。

鋭角(えいかく)の反対ですね。

鋭くないというか・・・。

より鈍角だとこんな感じになります。

厚いというか・・・

それぞれのハサミに会う刃の角度というのがあるんです。

なので何を基準に鈍角か、鋭角かというと、そのハサミにとって会う角度ということなんです。

それだとわかりにくいかもしれませんね。

大体45度くらいが普通の角度と言われています。

その45度というのが、この絵の角度です。先端のところです。

この絵の場合だと60度くらいですかね。

この角度が鈍角だと、重い切れ味になりがちです。

力を入れて切る感じです。

サクサクっ!ではなく、バツ・バツっていう感じです。

文房具バサミとか

裁ちばさみとかも鈍角の刃付けです。

町の金物やさんに研いでもらうと、500円から1000円で研いでくれると思いますが、豹変して戻ってくると思います。

ほぼこんな感じになりますね。

切った感じが重くて、手が痛くなるでしょうね。

やはり硬い毛を切るときは、鋭い鋭角の刃付けの方がいいですね。

サクサクとよく切れます。

でもね・・・

たまに

鋭い刃がいい!

鋭ければ鋭いほどいい!

カミソリみたいなのがいい!

っていう人がいます。

残念なことに、ハサミやさんにもいますね。

 

鋭い刃は、一見、良さそうにも感じてしまうのですが、実はあまりよくないです。

↑すごく大事です!

その理由は、こうなるからです。

反ってしまいます。

先の方が反対側に反ってしまうのです。

この状態を専門的には「刃がめくれている」「返り刃がでている」と言います。

指や爪でさわると、引っかかる感じがします。

切った感じもひっかかる感じです。

感性が高い人は、「引きちぎっているかんじがする」と言いますね。

毛の切断面が白くなったり、パサつきが多くなったり、枝毛ができやすかったり・・・

セニングでこうなってしまうと、特に毛をいためやすくなります。

セットするとき、あれ???と思うことないですかね。

研ぎたてなのに、白くなるとか?

買ったばかりなのに、パサつきが多いとか?

感性の高い女性のお客さんで「セニング使わないで・・・」というのはこの可能性がありますね。

正直、私自身研いでいて、これはヒドイ!というハサミも少なくないです。

長くなってきました。

ってことで、ハサミは上手な人に研いでもらおう!って話でした(笑)

じゃ。

また。

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 10:39 / ハサミの豆知識シザーズテキスト、刃の角度 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら