シザーズテキスト、刃の鋭さ

「私たち、ドイツの阿佐ヶ谷姉妹です!

♬ティラ・ティラ・ラー♫

好きな麺は、ラ王のまるで生めんです(笑)」

こんにちは

オオタです。

先日ユーチューブで阿佐ヶ谷姉妹のネタをみたら、ピンクのドレスを来て、飛び蹴りをしていました。

それだけで、ウケる(笑)

さ、

て、

今回は、

秘中の秘と言ってもおかしくない、刃の鋭さの秘密をお伝えします。

そんな秘密を無料でネットに流していいのか?

お前の秘密とはそんなものかぁ~

っていうあなたの心の声が聞こえてきそうですが、、、、

正直、

無料で言ってしまうのは、もったいないという気もします。

が、

日本のハサミ業界が少し良くなればいいと思っているので、そのヒントになればいいと思います。

では、始めます。

まず、2つのイラストをみてください。

ひとつめは、鈍角のもの。

前回の刃の角度の説明で使った図です。

二つ目は、鋭角のもの。

刃が毛に負けて反りかえってしまうということを説明しました。

刃の角度は、程よいのがいいです。

が、しかし!です。

さらに一歩踏み込むと、

刃の角度は程よくて、先は程よく丸いのがいいです。

こんな感じ↓

わずかに先が丸いので、毛に負けて反りかえることはないです。

どの程度丸いのがいいか?

丸すぎると、毛が滑ってしまい、使いにくいです。

ただ、スライドカットなんかはやりやすいでしょう。

ストロークしても引っかかりにくいと思います。

研ぎに出して、見た目はきれいなんだけど、毛が滑るというのはこのパターンです。

少し丸くても、切った感じが重いという場合もあります。

これは先がまるいというよりは、鈍角で丸い刃ということです。

こういう刃付けだと、よく切れて、永切れして、、、、というプロの使うハサミとしてはいい感じになりますね。

ってことで、

あまりにマニアックなお話でした!(^^)!

じゃ。また!

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 13:43 / ハサミの豆知識シザーズテキスト、刃の鋭さ はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら