ハサミの診断

こんにちは

どうでもいいことですが、この写真↓

1

エロいですね。

ピンクなのが・・・・

これって男性だからですかね。

それとも僕個人の問題ですかね(笑)

さ、

て、

ハサミの診断というテーマだとすごく広いんですが、

もし、僕が新品のハサミに触れてみて、買うかどうか?といった判断を数字にしなくてはいけないとします。

その時の判断基準をお知らせします。

一番は、

窓口になってもらえる、その営業の方で決めると思います。

これはハサミに限らず、、、ですね。

いくら良いハサミを持っていても、いい加減な方とはちょっと距離を置きたいです。

ハサミの知識も当然ですが、

もしものときに、しっかり対応していただける方がいいです。

 

ハサミだけでの判断としては、

まずは、ハサミの金属としての輝き。

これは光っていればいいというものではなく、、、、

均一に刃物として艶やかに光っている感じです。

反対は、「工場長。命令アルヨ!光らせるアルヨ!」みたいな心がないような光り方です(笑)

最近の中国製のハサミってそんなのが多いです。

まったく、わからないですね。

 

正直この時点で、ある程度わかります。

それは仕事がら、多くのハサミとふれあうので、その経験で大体分かってしまいます。

 

で、

次に

刃を指で触れます。

これは、ハサミを持つ時のクセになっていることなんですが、、、

どのくらい刃が立っているかをチェックします。

すごく刃が立たせているハサミメーカーが多いと思います。

刃が立っているとよく切れますが、すぐ切れなくなったり、ひっかかりが強かったりで、意外と使いにくいようです。

なので、ほんのちょっと、刃が寝ている方がいいです。

この辺の感覚を持っている人が刃付けをしたかどうかを見ます。

 

安いハサミほど、はじめはよく切れるけど、すぐ切れなくなってしまう系という印象があります。

 

次に

ネジを少しキツ目にします。

ネジがゆるすぎるのは、この時点でアウトです。

ハサミのことを知っている普通のメーカーさんなら、ゆるすぎることはないはずです。

ネジを少しキツ目にして、

ゆっくりとハサミを閉じて行きます。

ゆっくりと・・・・・です。

そうすると、

締まるにつれて、徐々にわずかに閉じるのが重くなります。

極々、わずかに重くなります。

この重くなる感覚が、スムーズでなかったり、重くならなかったり、、、それをチェックします。

いわゆる調子の確認です。

 

そのあと、

光に照らしながら、裏スキの凹み加減をみます。

将来的にどの程度長持ちするか?を見ます。

精度が高いほど、何年も使えます。

 

実際は、

切ってみるのが一番ですね。

やはり仕事としてハサミを使われている方なら、毛を切るのが一番です。

切っても、よくわからないという方もいらっしゃるかと思いますが、

それはそれで、、、わからないながらも切ってみてください。

 

そんな感じです。

とりとめのない話になってしまった・・・

要するに、

ピンクの聴診器はエロいんではないか?という問題提起です(笑)

じゃ。また!

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:47 / ハサミの選び方ハサミの診断 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら